筋トレと早寝早起きをすれば、鬱を予防できると言われています。
理由としては、筋トレは、セロトニンを分泌するからです。
筋トレにより鬱を防止するセロトニンが分泌されることがわかっています。
30分程度の筋トレで、抗うつ剤一回分の効果があると言われています。
軽い筋トレにより眠りやすくなります。
眠りやすくなれば、睡眠不足も解消出来ますから、一石二鳥なのです。
軽く筋トレをすることで、情緒を安定させることが出来るのです。
ただし、筋トレだけでは、早寝早起きは難しいかも知れません。
私もジムと自宅だけの往復で筋トレだけをして引きこもっているような時期がありました。
早寝早起き出来たか?と言うと筋トレだけでは難しいのです。
筋トレをガンガン繰り返すだけでは早寝早起きになるどころか筋トレで溜まった疲労感を回復させるために、後ろ倒しでドンドン睡眠が後ろにズレていきました。
そんな時に、光目覚まし時計を使ってみて、起きるようにすると、リズムが整うようになりました。
そして、昼寝をするのも一日に15分から30分程度とすることにしました。
それ以上眠るとリズムが崩れてしまうからです。
要は、筋トレ、早寝早起き、正しい食事というように組み合わせでしないと鬱には厳しいと思います。
筋トレをしても、カップラーメンばかりでは余計に体を壊すでしょう。
早寝早起きをしても、全く筋トレや運動をしなければ、なかなか明るい気持ちにはなれないでしょう。
コンピューター関係の仕事をしていて、鬱で休職中の知人がいましたが、図書館に行って引きこもって本ばかりを読んでいました。
いつまでも鬱がなかなか改善しないので、トレーニングジムや水泳に行くことをオススメしました。
更に同時に食事などの改善も勧めました。
今までのカップラーメンばかりの生活から、肉野菜ご飯の生活に切り替えたのです。
そうすると、今まで落ち込んでいたのがスゴく明るい性格になって、会社に復帰出来るようになったようです。
因みに、冬季鬱と言う鬱もあります。
冬には日照時間が短いからです。
他の生物は、季節を体で体感出来るようです。
人間の場合は、一般的には季節による日長時間を体では体感出来ません。
低緯度の地域から高緯度の地域に移動してきた人間達が、日照時間が短い環境に適応するために、日長時間を体感できないようになったようです。
ところが、中には季節による日長時間を感じられる人がいるようです。
日長時間を感じられる人たちの場合は、冬季鬱になりやすいのです。
ですから、ある程度の光を強制的に一定時間浴びて、冬季鬱を克服するのが大事です。
光目覚まし時計は様々な会社がありますが、熊本にあるムーンムーンと言う会社の光目覚まし時計inti(インティ)をオススメ致します。
他社の目覚まし時計は正直、光の強さが弱かったりするのです。
光の強さをルクスと言います。
ルクス数が2500以上無いと、人間の体内時計がリセット出来ないと言います。
ムーンムーンと言う会社は熊本のテレビにもしょっちゅう出ているので、安心出来るメーカーです。
ムーンムーンの光目覚まし時計は使い方も簡単です。
海外の光目覚まし時計は、英語で書いてあるだけではなく、操作自体も難しいのです。
更に、ムーンムーンの光目覚まし時計は、全額返金保証がついております。
安心して購入できますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です