北欧は、冬になると、極端に日照時間が短くなります。
オーロラも美しく、幻想的な感じがするので、日本では北欧のイメージは摩訶不思議でミステリアスな魅力があります。
日本では、北欧の金髪の髪の毛に憧れる人たちが多いです。
北欧の金髪の女性に憧れている男性も多いですね。
女性も北欧の家具などに憧れています。
実は、金髪が多いのは理由があります。
金髪が多いのは、日照時間が少ないために、北欧に長く住んでいると僅かに金髪ぽくなると言う論文があります。
「冬になると、髪の毛が更に金髪になってくる。」
と北欧の女性が言っていました。
また、氷河期時代に、男性が極端に減ったために、金髪の女性の方が目立つので子孫を残すのに優位に働いて、金髪が増加したと言う理由もあります。
ヨーロッパの伝説の勇者なども、北欧辺りから現れたと言うような伝説もあって、昔から金髪に憧れて来たのでしょうね。
金髪に憧れる日本人からすれば、北欧は憧れの場所かも知れません。
しかしながら、実は、冬季鬱になる人が多い地域でもあります。
鬱と言うのは、非常に危険で時には命を立つ人も多いのです。
北欧では、鬱で命を経つ人もかなり多いのです。
北欧は太陽の出ている日照時間が日本で考えられない程にかなり短いのです。
冬などは太陽が出ている時間が5~6時間です。
人間は太陽に当たることでビタミンDが生成されます。
北欧の冬は日照時間も少ないのですから、太陽の光を体内に取り込みビタミンDを効率良く取り込むために、肌の色が白い白色人種の人達が増えました。
また、目のまぶたの皮膚も薄いので、アジア人と違って二重まぶたの人が多いです。
まぶたが薄いと折りかえるようになって二重まぶたになるということですね。
ですから、もしも同じ量の光を浴びても、北欧の人の方が吸収しやすいのです。
北欧では光目覚まし時計などで、自宅の中でも光を出せる照明器具を使う人も少なくないです。
極夜などになれば、ほとんど昼が無いのです。
家の中で光を浴びなくてはいけません。
日本ではフィリップスなどの欧米のメーカーの光目覚まし時計が有名ですね。
しかしながら、前述しましたように明るさが欧米人向きなのです。
日本人の場合は、目の色も黒くまぶたも厚いので、欧米製品の光目覚まし時計では効果がない人も多いのです。
そこで私がオススメしますのは、日本の会社の光目覚まし時計inti4(インティフォー)です。
ムーンムーンと言う熊本の会社の目覚まし時計です。
「ええ?!熊本?!かなり田舎じゃないの?」
と思われた方もおられるかも知れません。
「熊本だって?!熊でも住んでるんじゃ無いの?」
「熊でも住んでいそうな名前の田舎に時計を開発する技術があるのか?!」
などと、都会の方は思われるかも知れません。
しかしながら、熊本は案外国際都市です。
街の方に行けば、中国や台湾の旅行者も地理的な条件からかなり多いです。
それに、最近は中小企業もなかなか捨てたものではないです。
中小企業の場合、小さなニーズに答えるのが得意なのです。
例えば、ビモロという鳥取県のシューズメーカーのシューズをイチローが履いています。
私も新モデルを持っていますが、作りがしっかりしていて、まるで裸足で走っているような感覚になりました。
東南アジアなどで作られる大手のシューズと違って日本で作られています。
話を光目覚まし時計に戻しましょう。
ムーンムーンの光目覚まし時計は、明かりの強さも日本人の目に合わせて作られていますから、欧米のものよりも光がしっかりと届きます。
ムーンムーンの光目覚まし時計inti4は、24800円します。
「う~ん。けど、この値段を出して効果が無ければ、高価なものを買った意味ないじゃん。」
と思われるかも知れません。
ご安心ください!
一般的に高価なものは効果が高いです。
そして、更に、なんと返金保証がついているのです。
三ヶ月毎日使って効果が無ければ、全額返金してくれます。
ただし、送り返す際の送料だけは自己負担となります。
何かを迷うよりも、注文してみて効果を試してみる方が良いと思います。
迷うだけで時間を浪費してしまいますから、時給にするとかなりの額になります。
全額返金保証がついているので、気にせずに注文してみることを勧めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です