みなさんは、「チョレ~イ!」で有名な卓球の張本智和選手を知っておられますか?
張本選手は相手に勝った瞬間やうまく行った瞬間に「チョレ~イ!」と言う掛け声を掛けます。
先日、テレビを見た時に、張本選手のお母さんが出てきて、コメントしていました。
もうひとりの女子卓球選手のお母さんは睡眠も取らせずに卓球をさせる教育方針だったのに対して、張本選手のお母さんは、しっかりと睡眠を取らせたようです。
その時のコメントで、こう答えていました。
「一番は勉強、次に睡眠、三番目に卓球ね!」
と・・・
その時に、「はっ!」とひらめくような気がしました。
今までの睡眠を削る日本のスパルタ的な考えと違って非常に合理的なのです。
その教育のおかげで、張本選手は勉強でも県内でトップクラスなのです。
卓球も勿論強いのはご存知のとおりです。
卓球に関しては自由な教育方針なようで、負けても怒られたりすることは無かったようです。
また、子供の頃は、遊びのような感じで卓球をさせて遊ばせてくれたようです。
睡眠を削らずにしっかり眠っても文武両道になれると言うことですね。
さて、日本人は睡眠障害を抱えているかたが多いと言われます。
寝ずに仕事や勉強をすることが美徳だと言う精神論のためでしょう。
また、日本人特有の精神の細かさがあると思います。
日本人の場合、一つの仕事に取り組んで、海外のように頻繁に仕事を変えることもしませんので、人間関係やその他でストレスを溜めることも多いようです。
同じ東アジア人の中でも日本人は、中国大陸や朝鮮半島の人とも比べて、ストレスを溜めやすく肩こりがしやすい民族性なのです。
中国大陸や朝鮮半島の人は、日本と違って椅子を使って来ましたので、背筋をピンと張った姿勢の人が多いのです。
つまり、椅子やテーブルと言う意味では、ヨーロッパ的な生活習慣とも言えるでしょう。
しかし、日本人の場合、畳の上で生活して来ましたから猫背が多く肩が凝りやすいのです。
心地よい睡眠のためには、眠った瞬間にフワッとするような感覚になれる枕、マットレス、目覚し時計があれば最高です。
今回ご紹介させていただくのは、ムーンムーンと言う睡眠を専門に研究している会社の製品です。
快眠グッズを三点ご紹介させていただくので、ご予算にあわせてどれからでも、良いです。
早寝早起きをするには、朝の目覚めを良くするのが大事ですね。
とりあえず、目覚まし時計をご紹介させていただきます。
光目覚まし時計と言う光で目覚める目覚まし時計です。
名前は、inti4(インティフォー)と言う名前です。
インティと言うのは、インカ帝国の太陽神の名前です。
部屋に置いてみると、朝日が登るようなほんのりとした感覚が感じられるのです。
正直、inti4を買う前は、光で起きるのにネガティブなイメージがありました。
光が強すぎて目を傷めないのか?
光で起こされるのは、刑事モノのドラマの容疑者の取り調べのようなイメージがあったからです。
しかしながら、実際に光で起きてみると、なんとも清々しい目覚めでした。
瞑想から覚めるようなほんのりとした感覚がしました。
そして、生活が早寝早起きのリズムになったのです。
また、ムーンムーンは前述したように、マットレスや枕も販売しております。
ムーンムーンのマットレスは、高反発なのです。
卵を投げつけても割れない動画がムーンムーンの公式サイトで紹介されています。
前述したように、日本人は猫背になりやすいので、高反発のマットレスで背中が沈まない方が腰に良いのです。
最後に、ムーンムーンのYOKONE3をご紹介させていただきます!
私は慢性的な肩こりがありましたが、YOKONE3を買って肩こりも治るようになりました。
今まで肩こりで仕事や趣味に集中出来なかったのが、集中できるようになりました。
友人と遊んだりしていても、肩こりが気になって集中出来ないくらい肩こりがあったのですね。
今まで、YOKONE2と言うバージョンがありましたが、高さ的には同じなのですが、頭が少し沈むので高さを感じない感じなのですね。
一般的な枕よりも少し高めに見えるかも知れませんが、しっかりと頭がフィットするので、高さを感じません。
そして、少し高いということで、老廃物が顔から下に流れやすいのです。
老廃物は、高いところから低いところに流れます。
枕なしで寝るなどして、「顔が浮腫んだな~」と言う感じと逆の感じで、頭や顔の老廃物が下に流された感じです。
返金保証!?
そして、なんと、ムーンムーンの製品は全てに返金保証がついております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です