二酸化炭素が多いと、熟睡出来ないと言われています。
二酸化炭素の多い部屋で眠ると、寝付きが悪くなります。
しかしながら、多くの人達は、扉を閉め切って寝ています。
夫婦二人が8畳程度の広さで扉を閉め切って寝ていると、4000ppmを超えると言われています。
二酸化炭素が2500ppmを超すと眠気に襲われると言われるので、驚くべき高い数値です。
人間の出す二酸化炭素量を考えると、一時間に一回は換気をする必要があります。
二酸化炭素の濃度とppmで表されます。
人体に対するppmの影響は下記のようになります!
外の二酸化炭素濃度 350ppm
市街地外気 400~600ppm
多人数、長時間在室の場合の濃度 700ppm
ビル管理法等の許容基準値 1000ppm
学校衛生法の基準値(以下が望ましい) 1500ppm
長期安全限界濃度 5000ppm
呼吸量増加 20000ppm
重度の喘ぎ 50000ppm
室内のppm濃度が1000ppmになると思考力、集中力が低下すると言われているのです。
ですから、本来ならば換気しなければならないのに、換気せずに寝ているということになります。
科学的にも、風水的にも言われていることですが、対角線状で開けたほうが、換気にも良く、良い空気が部屋に溜まりやすいと言います。
対角線に開けるとは左奥の窓と、右手前の扉、あるいは左手前の扉と右奥の窓と言うことです。
私の場合は、いつでも、わずかながら窓を開けて寝ています。
ですから、私の場合は、一日寝るとあたかも外の空気の中で寝たくらいに回復するのです。
換気扇を付けず、そこまでピッタリと閉まっていない六畳の部屋で一日寝ただけで3000ppmの値を超えます。
一晩開けっ放しにして寝ると700ppmくらいになりました。
換気扇だと1200ppmくらいです。
1000ppmを超えないというのが、気持ち良く眠られる条件です。
80万年前は凡そ170ppmから280ppmを行き来してきたと言われています。
産業革命以降に初めて300ppmを超えました。
そして、現代は、過去に体験したことが無いくらいの濃い二酸化炭素400ppmほどを吸っているようです。
良くないですね・・・
外の空気でも二酸化炭素濃度が古代よりも低いと言うのに、更に二酸化炭素濃度が濃くなる部屋で活動しているのですから・・・
因みに、酸素濃度が少ないとものすごく危険なのです。
刃牙ネタになりますが、酸素濃度が低くなると昏睡状態に陥る話が出てきます。
手のひらの中に酸素濃度が6%以下の空気を作り出して、一瞬にして意識を奪います。
酸素が薄くなると如何に危険かがわかります。
オランダの実験で窓を開けっ放しにして寝たほうが熟睡出来たと言うデータがあります。
因みに草木も眠る丑三つ時(2時から2時半)と言われますけれども、この時間は植物も光合成を止めている時間帯です。
昔から風水では、丑寅の時間帯(午前二時から午前四時)が危険だと言われています。
単に迷信だと決めつけないでください。
午前二時から午前四時が危険だと言われるのには理由があります。
太陽の光も無く、植物が光合成を止めるために、一番危険な時間帯なのです。
丑寅の時間帯(午前二時から午前四時)は酸素が薄いために、健康を害しやすいので危険な時間帯なのです。
夜の仕事の人が不健康で風邪を引きやすいのは、丑寅の時間帯です。
夜更かしをしていると、抵抗力も弱くなっています。
丑寅の時間帯は太陽の光もなく、酸素の最も薄い時間帯なので風邪にもなりやすいのです。
時間帯は下記のようになります。
子(ね)   23:00-01:00
丑(うし)  01:00-03:00
寅(とら)  03:00-05:00
卯(う)   05:00-07:00
辰(たつ)  07:00-09:00
巳(み)   09:00-11:00
午(うま)  11:00-13:00
未(ひつじ) 13:00-15:00
申(さる)  15:00-17:00
酉(とり)  17:00-19:00
戌(いぬ)  19:00-21:00
亥(ゐ)   21:00-23:00
この表はピッタリと現代の時刻に当てはめていますが、時間測定する時計というものが、江戸時代の一般人は持っていませんでしたから、大体の日の出の時刻などの感覚で起きて日が沈むと寝ていました。
「時計が無い時代の話なんて、なんていい加減な・・・」
と思われるかも知れませんが、実際は、いい加減なこと(ファジー)のほうが人間のリズムには合っています。
人間は機械ではありません。
機械だと四角四面なデジタル時計のリズムの会うのかも知れませんが、人間はファジーですから時計に合わせるよりも、ファジーな太陽に合わせたが良いのです。
人間は月や太陽の影響を受けています。
女性は敏感なので月の引力の影響を受けやすいと言います。
ウミガメなど他の生物は満月に産卵するなどします。
昆虫も満月に交尾をします。
三日月である三日後に産卵します。
カブトムシやクワガタムシと月の引力の関係を調べたところ、満月に交尾が多くなるのです。
中学生のカブトムシの自由研究でも、カブトムシとフンの量が月の周期に一致するということがわかりました。
植物が新芽を出すのが、満月くらいなので、満月の3日後だと幼虫が新芽を食べやすいからです。
新月から満月までは、29.5日です。
因みに月が地球を一周するのは28日です。
女性の生理が28日なのは、女性が月のリズムと同調しているからなのです。
元々、人間も他の生物同様に、満月に繁殖行動や出産をしていました。
アフリカなどに行くと電灯も無く、周りが真っ暗で月明かりくらいでしか行動出来ないのです。
ところが、現代社会では、月明かりを頼りにしなくても、電灯がありますし、特に満月に繁殖しなくても良くなったのです。
現代は便利にはなりましたが、女性も生理不順などの不調が多くなりました。
ただし、今でも女性は月の影響を受けやすいので、満月に頭痛がする満月前症候群などに悩まされる人もいます。
人間は男女問わず、機械化された現代社会で様々なストレスを受けています。
一つの解決方法として、光で目覚めるというのをオススメします。
人間は太陽で目覚めて来たので、自然なリズムに戻すには光で起きるほうが良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です